若い年代にも増えているスマホ老眼とは

MENU

若い年代にも増えているスマホ老眼とは

パソコンやスマホが普及したことの影響

 

若い年代にも増えているスマホ老眼とは

インターネットの普及に伴い、今やパソコンやスマホは生活の中で手放すことの出来ないアイテムになっているという人が飛躍的に増えています。街中では歩きながらスマホをしていたり、電車に乗ればそれこそ驚くほどの人々がスマホの画面を凝視している様子が日常的になっているのが現代社会です。

 

瞬時にどんな情報でも手に入れることが出来るアイテムとして、今やスマホのない生活は考えられないという人も少なくありません。情報を得るだけでなく、自分自身で情報を発信するツールとしても、ごく普通の人々の生活の中にどっぷりと入り込んでいるもの、それがスマホです。

 

でも、便利で様々な機能が満載のスマホを片時も手放さず、一日の中でもかなり長時間にわたってその画面を見続けることは、目にとってはかなり過酷な状況を強いることになります。そのためスマホの使いすぎが原因と思われる目の症状に悩まされる人は若い年代にも広がっているといわれています。

 

老眼という言葉から受けるイメージ

 

老眼というと歳をとって背中の丸くなったおじいちゃんおばあちゃんが新聞を読むときに視づらそうにめがねをずらしている状態を思い浮かべます。実際にはそんなふうにかなりの高齢者がなるものではなく、本来は40歳前後から多くの人の目に起こる目の機能の老化現象の一つです。

 

最も顕著な症状が近いところが見えにくくなるというもので、老眼の症状が現れ始めると、たとえば新聞や読書など細かな文字を見づらくなって、少し手元から話すとピントが合いやすくなるという人が多いようです。

 

老眼という響きから若い年代には無縁のものというイメージを持ってしまいがちですが、近年この老眼と同じような症状が20代から30代の若い年代、それどころか子供にまでこれとよく似た症状が増えつつあるとさえいわれています。

 

そしてこの老眼のような症状は夕方薄暗くなってくる頃になると、より老眼に似たような状態になるようです。

 

スマホ老眼になってしまう原因とは?

 

最近では様々なメディアにも取り上げられることが増えたこの若年層の老眼のような症状がいわゆるスマホ老眼といわれるものです。その原因はスマホの使いすぎによる目への負担が考えられ、スマホが普及することに伴って、この老眼のような症状を訴える人が急増していることが問題になっています。

 

代表的な症状としては次のようなものがあります。

 

  • スマホの画面を見ていて視線を遠くに向けると遠くがぼやけて見える
  • 遠くのものは見えるのに手元の近くの文字などが見えにくく感じる
  • 目の焦点が合いにくい
  • 周りが薄暗いと見えにくく感じる
  • 目の疲れや頭痛、肩こりなどがひどくなった

 

これらの症状は確かにこれまで加齢によって現れる老眼の症状と酷似していますが、明らかに違うのが老眼になる可能性が高くなる年令ではなく若年層にも広く症状を訴える人が広がっているという点です。そしてこのことに深く影響を与えているのが、スマホの飛躍的な普及と若年層がスマホを利用する時間の増加です。

 

スマホを長時間使用することでスマホ老眼になるメカニズム

 

人間の目は近くのものと遠くのものとを見るために毛様体筋の働きによって目のレンズ部分の厚みを調整しています。本来は目は遠くを見るように出来ているのですが、近くの対象物を見るためには目のレンズに当たる水晶体部分を厚くする必要があり、そのために毛様体筋が働いてその厚さを調整します。

 

けれど一時的なものではなく長時間にわたって手元の近い距離のものを見続けると、毛様体筋は常に働き続けて緊張状態になり大きな負担を受け続けます。

 

そもそも加齢による自然な老眼は、この筋肉の衰えによってピント調整がしにくくなるために起こるものなので、スマホを使いすぎて近くを見続けることで加齢によって自然にではなく、強制的に毛様体筋を衰えさせているようなものなのです。

 

さらに瞳は真ん中の茶色い部分である虹彩によって瞳孔の大きさを変化させることで瞳の中にはいる光の量を調整しているのです。

 

しかし、スマホなどの液晶画面の強い光を見続けることで、瞳孔は常に収縮した状態になって、虹彩に大きな負担をかけ続けることになり、虹彩が収縮した状態が続くと元に戻りにくくなるため、薄暗い状態になっても光が目に十分に取り込まれにくくなります。

 

そのため、薄暗くなると細かいものが見づらくなるという症状に繋がります。

 

眼科専門医に相談することの大切さ

 

特に若い年令だとスマホの使いすぎによって遠くがぼやける症状が増えるため、目が悪くなったと感じてあわててめがねなどの度数を上げることを考えがちです。

 

めがねやコンタクトなどの度を上げると一時的に遠くを見やすくなるのは確かなのですが、そうすることで毛様体筋には更なる大きな負担がかかるようになり、結果的に過矯正に繋がる危険性が増します。

 

その結果若い年代でも近くにピントを合わせられない老眼のような状態を生むことになるので、見え方に違和感を感じたらきちんと眼科専門医の診察を受けることが重要です。

関連ページ

スマホ老眼のチェック方法と対策
なんだか最近目が霞んできた…それ、もしかしてスマホ老眼かも?最近視界のかすみで悩み始めた方へ、自分でできるスマホ老眼のチェック方法と対策について解説しています。
スマホ老眼の症状と日常でできる治し方
普段からスマホ画面をずっと見つめている…そんなスマホヘビーユーザーで悩んでいる人急増中。スマホ老眼の症状と日常でできる治し方についてわかりやすく解説しています。
スマホ老眼はどんな症状なのか
細かい文字が読めない…これってもしかして?現在急速に増えていると言われているスマホ老眼とはどのような症状なのか、わかりやすく解説しています。
スマホ老眼に悩める若者の急増
若くても煩わされる、視界のぼやけ…今こんな悩みに困っている人が急速に増えています。スマホ老眼に悩める若者が急増する現状について解説しています。
ピントが合わない時にはスマホが原因かもしれない
なんだか近頃視界がぼんやり霞んでいる…どうも最近ピントが合わなくて困る、そんなスマホが原因でおこるスマホ老眼の可能性などを解説しています。
スマホで視力が低下するのでしょうか
視力の低下、最近では若い人の間にも増えていると言われています。この原因とは?スマホの使用で視力が低下するのか、その可能性について解説しています。