スマホ老眼の症状と日常でできる治し方

MENU

スマホ老眼の症状と日常でできる治し方

スマホ老眼の症状と日常でできる治し方

年齢を重ねて歳をとってくると、人間の目は老眼という症状ができてきますが、近年スマートフォンの普及によって10代〜30代の若い世代に目の調子が悪く不調を訴える方が増えてきています。

 

スマートフィンの普及は年々増え続け20代ではほとんどの方が持っていると言われています。スマートフィンやパソコン、ゲームなどを長時間見続けることで目に疲れが出てきて様々な症状を引き起こします。特に一日目を使って疲れてきた時間帯の夕方から深夜にかけて症状fが出てきます。

 

人の目は、水晶体と呼ばれるレンズが存在しています。この水晶体の厚みを調節しながら物を見ますが、水晶体の厚みを調節しているのが毛様体筋です。

 

長時間スマートフォンなどを見続けることで毛様体筋がかたく固まってしまって、水晶体のピントを合わせることができなくなってきます。近くのスマートフォンを見て、その状態が長く続くと次に遠くを見た時にピントが合わせにくく、このようなことを繰り返し行うことで水晶体の調節機能や羊様体筋が衰えてきます。

 

その為、目がかすんで視界がぼやけていたり、遠くと見ていて近くのものを見るとピントが合いにくい、目の疲労感を感じる、傷みがある、頭痛や肩こりがひどい、近くのものが見えにくく遠くのものは見える、などの症状があらわれていたらスマホ老眼の可能性があります。

 

老眼は加齢によって目の機能が衰えることで近くのもののピントが合いにくくなる症状を言いますが、長時間スマートフォンを使用することで老眼と同じようにピントの調節機能が衰えて、繰り返すうちに一時的なものでなく慢性的に症状があらわれて重症化する可能性もあるため、思い当たる症状があると注意が必要です。

 

普段から出来るスマホ老眼対策

 

日常生活の中で気をつけることができる治し方があります。就寝前などにスマートフォンをする方もいますが、寝転んで行うと目が乾きやすく負担が大きくなるので姿勢は正しくしてから使用するようにします。

 

また、通勤、通学途中などの電車の中での使用は、電車の揺れが目に負担をかけるので使用を避けるように気をつけます。暗いところで作業すると目に負担をかけやすいので、明るいところで使用するようにします。

 

そして、スマートフィン依存症になっている可能性もあるので、使う必要のない時間は使用を避けて目を休ませてあげるように気をつけることで目の負担が少なくなっていきます。これらのことは、日常生活の中で少し意識するだけで改善することができる内容なので、すぐにでも実践が可能となります。

 

スマートフォンの設定を変えることで目への負担を軽くすることもできます。スマートフォンの画面からは常にブルーライトが放出されていて、これは紫外線の次に強い光です。

 

その為、光の明るさを少し落とすようにするだけでも負担が減ります。また、小さい時を見ることは目を酷使して疲れてしまうので、文字のサイズを大きめにして読みやすいものに変えるようにします。

 

スマホ老眼の治し方として、目を酷使しないことが重要です。1時間ほど使用したらしばらく目を休ませるなど、長時間続けて酷使しないようにします。

 

そして、一日目を使った後は、ホットタオルなどで目をあたためてあげると血行が良くなって毛様体筋の凝り固まった状態をほぐすことができます。

 

また、ドライアイの予防や改善にもつながります。また目のエクササイズも有効的です。まず、ピント調節のトレーニングをする為に遠近ストレッチをします。人差し指をピントが合うところで立てて見ます。次に腕をまっすぐ伸ばして人差し指を見ます。

 

次にその延長線上にある遠くの物を見ます。このようにピントを合わせることで毛様体筋のトレーニングを行います。毛様体筋のコリをほぐす方法として、目を強く閉じて一気に開いた後上を見る、次に開いた後は右、次に左というように強く閉じて開いた後にぐるりと眼球を順番に動かしていきます。こうすることで眼球の周りの筋肉をほぐして血行を良くする効果が期待できます。

 

最近では、疲れ目のための目薬や、毛様体筋に働きかけて調節機能を改善効果がある目薬もあるので、使用することで目の負担を軽くすることができます。その他にも、不規則な生活習慣を改善したり、バランスの良い食事を摂ることが目にもよいと考えられます。

 

しかし、普段の食生活の中で十分な栄養素を摂取することが難しい場合もあります。そのような時は、アイケアサプリが手軽に摂取できて、効率的に目に栄養を与えて疲労回復や視力向上のサポートをしてくれます。

 

目を酷使して目の周りの血行が悪くなると、視力の低下だけでなく美容の面でも良いことはありません。スマホ老眼が悪化しないためにも、普段の生活の中で気をつけることで症状を改善したり進行を遅らせることができます。

 

スマートフォンは便利なアイテムですが、少し意識することで日々の疲れをとって疲労を回復させていけば目に大きな負担をかけることなく改善することができます。

関連ページ

スマホ老眼のチェック方法と対策
なんだか最近目が霞んできた…それ、もしかしてスマホ老眼かも?最近視界のかすみで悩み始めた方へ、自分でできるスマホ老眼のチェック方法と対策について解説しています。
スマホ老眼はどんな症状なのか
細かい文字が読めない…これってもしかして?現在急速に増えていると言われているスマホ老眼とはどのような症状なのか、わかりやすく解説しています。
若い年代にも増えているスマホ老眼とは
老眼という文字通りじゃなかった!?スマホヘビーユーザーは要注意、若い年代にも増えているスマホ老眼はどんなものなのか詳しく解説しています。
スマホ老眼に悩める若者の急増
若くても煩わされる、視界のぼやけ…今こんな悩みに困っている人が急速に増えています。スマホ老眼に悩める若者が急増する現状について解説しています。
ピントが合わない時にはスマホが原因かもしれない
なんだか近頃視界がぼんやり霞んでいる…どうも最近ピントが合わなくて困る、そんなスマホが原因でおこるスマホ老眼の可能性などを解説しています。
スマホで視力が低下するのでしょうか
視力の低下、最近では若い人の間にも増えていると言われています。この原因とは?スマホの使用で視力が低下するのか、その可能性について解説しています。