スマホ老眼のチェック方法と対策

MENU

スマホ老眼のチェック方法と対策

スマホ老眼のチェック方法と対策

スマートフォンの普及とともに増えてきたのがスマホ老眼と呼ばれるものです。この老眼はスマートフォンやパソコン、ゲームの画面などを長時間にわたって見続けることによって引き起こされます。

 

目に大きな負担がかかり、目のピント機能が低下し、夕方になると近くにあるものが見にくくなるという症状があらわれるのです。通常の老眼であれば、症状が出てくるのはどんなに早い人であっても40歳代になってからです。

 

しかしこのスマホ老眼は20歳代から30歳代の人の中で急激に増えているのです。近年では電車の中や、行列待ちの間にはほとんどの人がスマートフォンをいじっているような状況です。その様子はきっと自宅に戻ってからも変わらないでしょう。

 

このようなことを毎日繰り返すことで、老眼の症状が出てしまうのです。これは現代病ともいえるといえます。それだけスマートフォンが生活の一部になっているということがわかります。朝から晩までスマートフォンを使っているというような生活を送っているという人は、十分に気を付ける必要があるでしょう。

 

スマホ老眼の症状チェック

 

それでは自分にこの老眼症状が出ているのかどうかチェックする方法があるので、その方法をご紹介しましょう。チェック方法としては、目がピントを合わせることができる一番近い距離をはかることにより、チェックすることができます。

 

まずは目の前、だいたい直線10センチメートルぐらいのところに、人差し指の指紋がある方を向けてまっすぐに立てましょう。その指を少しずつ離していき、指紋にピントがあったところでストップさせましょう。

 

目からその位置までの距離をはかってみます。この距離が30センチメートル以上離れていると、老眼の症状が出始めているといえます。しかし、これには個人差があり、人によっては近視、遠視、乱視の症状がある人もいるので、あてはまらない場合もあります。

 

仕事で、どうしてもパソコンを使い続けるという人もいると思いますが、使い続けることで夕方くらいになると、目の焦点が合いにくくなったり、目の疲れを感じることもあるでしょう。もしも気になる場合には、この方法で一度調べてみるとよいでしょう。

 

スマホ老眼にならないための予防法

 

それではスマホ老眼にならないためにできる予防法や対策などはあるのでしょうか。一番いい方法はスマートフォンやパソコンを使わずに、目を休めることが一番です。しかし、そのようなわけにもいきません。

 

まず一番はじめの対策として、スマートフォンを使う時にはなるべく目から離して使うようにしましょう。近くで見れば見るほど、目にかかる負担は大きくなっていきます。そのためできる限り離して使うことを心掛け、30センチメートルほど離して使うようにしましょう。そして画面の明るさも関係してきます。明るい光は目への負担は大きくなります。できるだけ暗めに設定するようにしましょう。

 

スマートフォンを使っている時には、スマートフォンに集中しすぎてまばたきの回数が少なくなっています。これは多くの人に見られる症状であり、まばたきが少なくなることで、ドライアイにもなりやすくなります。こまめにまばたきすることを意識するようにしましょう。

 

また、ずっとスマートフォンに集中していると、眼球の内側にある水晶体の厚みが増し、目に大きな負担となります。時々、スマートフォンから目を離し、遠くの景色をみて目を休ませるようにしましょう。

 

電車などに乗っている時にも、時々スマートフォンを使うのをやめて、遠くの風景を眺めるとよいでしょう。

 

次に遠視トレーニングをしてみましょう。これは目の前のものと遠くのものを交代でピントを合わせるというトレーニング方法です。簡単にできるトレーニングとしては、まず目の前に人差し指を立ててピントを合わせ、3秒数えましょう。

 

そしてに3メートルほど先の物をみてピントを合わせ、同じく3秒数えます。これを1セットとし、繰り返して10セット行ってみましょう。他にも目を温めたり、休めたりすることが大切になってきます。

 

そしてパソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトをカットすることができるメガネや、パソコン用のメガネを使うことも有効です。自分が思っている以上に目は疲れているということを頭に入れ、意識して休ませるようにしましょう。

 

そして予防対策として、スマートフォンのアプリを使ってできるものもあります。まずは老眼鏡アプリというものです。これはスマートフォンについているカメラ機能を使い、拡大鏡のようにして見るというものです。

 

無理に細かい字を見ようとすると、目には大きな負担がかかります。このようなアプリを使って字を拡大することで、目への負担を軽減することができるのです。そして二つ目に視力回復をトレーニングすることができるアプリです。この視力回復のトレーニングができるアプリも数多く存在しています。視力を測ることもできるので、使いやすいものを一つ選んでおくとよいでしょう。

関連ページ

スマホ老眼の症状と日常でできる治し方
普段からスマホ画面をずっと見つめている…そんなスマホヘビーユーザーで悩んでいる人急増中。スマホ老眼の症状と日常でできる治し方についてわかりやすく解説しています。
スマホ老眼はどんな症状なのか
細かい文字が読めない…これってもしかして?現在急速に増えていると言われているスマホ老眼とはどのような症状なのか、わかりやすく解説しています。
若い年代にも増えているスマホ老眼とは
老眼という文字通りじゃなかった!?スマホヘビーユーザーは要注意、若い年代にも増えているスマホ老眼はどんなものなのか詳しく解説しています。
スマホ老眼に悩める若者の急増
若くても煩わされる、視界のぼやけ…今こんな悩みに困っている人が急速に増えています。スマホ老眼に悩める若者が急増する現状について解説しています。
ピントが合わない時にはスマホが原因かもしれない
なんだか近頃視界がぼんやり霞んでいる…どうも最近ピントが合わなくて困る、そんなスマホが原因でおこるスマホ老眼の可能性などを解説しています。
スマホで視力が低下するのでしょうか
視力の低下、最近では若い人の間にも増えていると言われています。この原因とは?スマホの使用で視力が低下するのか、その可能性について解説しています。