眼鏡や心がけによるスマホ老眼の対策と改善策

MENU

眼鏡や心がけによるスマホ老眼の対策と改善策

眼鏡や心がけによるスマホ老眼の対策と改善策

老眼の症状を自覚するのは45歳をピークといわれます。しかし、最近は20〜30代の若い人たちに、手元の文字が見づらい症状や、近くのものにピントが合わず視界がぼやける症状で眼科を受診する人が増加しています。これは、スマートフォンを長時間使用することで起こりうる症状で、スマホ老眼と呼ばれています。

 

この眼の状態は、スマートフォンを長時間見続けることで水晶体を膨らませ続けるので眼が疲れます。また、近くにピントが合ったままの状態になってしまい急には戻らなくなることがあります。

 

これは調節緊張の状態が長くつづくことによって調節力そのものが低下してしまうことで生じます。そして、近くも見づらくなることが懸念されます。また、眼には6本の外眼筋という筋肉があります。

 

この筋肉が左右バランスよく働くのが良いのですが、このバランスが崩れてしまいバラバラの動きをすると眼精疲労や、物がふたつに見える遠近感や立体感が合わなくなります。スマホ老眼のチェックでは眼筋の機能も検査されますので、眼筋力の低下も長時間のスマートフォンによるものといわれています。

 

老眼とは、加齢によって調節機能が衰えてしまい、近くのものにピントが合いにくくなる状態です。近視や遠視は眼軸の長さと角膜や水晶体の屈折力が関係する屈折の異常によるもので、老眼とは異なります。

 

一方、スマホ老眼は、近距離のスマートフォンを見続けることで、老眼と同様にピント調節が効かなくなる状態です。ほとんどが一時的なものですが、繰り返すうちに重篤化してしまう場合もありますので注意が必要です。

 

さらに、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのモニターを見続けることで眼の不調や疾病を引き起こしてしまうVDT症候群が注目されています。厚生労働省の調査によると、コンピューターを使用する労働者の90パーセント以上が眼の不調を訴えているという結果がでています。

 

パソコンを長時間使用する人にも老眼のような症状は出ますが、スマートフォンは、小さな画面の小さな文字を凝視しますので眼の負担がパソコンに比べて大きくなることが懸念されています。

 

ブルーライトによる眼への悪影響

 

また、パソコンやスマートフォンから放出されるブルーライトは紫外線の次に強い光といわれ、眼に良くないことは有名です。スマートフォンは他の機器より近い距離から光が入り続けますので、虹彩という外から眼に入る光の量を加減する筋肉にも負担がかかり、眼の疲労感がとても高くなります。

 

そして、ドライアイ、ストレートネック、肩こり、頭痛、睡眠障害、ドケルバン病など、さまざまな体調不良やスマホ依存などのメンタル面での問題も多く見受けられています。
加齢による老眼は元には戻りませんが、スマートフォンによる眼精疲労はケアをすれば改善します。

 

しかし、症状が改善しない場合は、眼科を受診し、眼鏡やコンタクトレンズでの視力矯正が必要になる場合もあります。見えづらい状態を放置していると老眼が進行してしまいますので、早めの対策が大切です。

 

眼科を受診する以外にも、いくつかの対策や改善策があります。それは、日頃から眼のエクササイズを取り入れ、筋肉トレーニングと同様に眼のトレーニングを行います。

 

まず、目の前に人差し指を置き、ピントを合わせて3秒数えます。そしてなるべく遠くを見てピントを合わせて3秒数えます。これを交互に10回繰り返します。

 

また、眼球の運動を行います。首を動かさずに眼玉だけを上下、左右の8か所を見るように動かします。右回りが終わったら左回りをして一日に3〜5セット行います。そして、眼筋の運動を行います。

 

目を強く閉じてからパッと見開くことを繰り返します。この時、目を閉じるときはなるべく力を入れて見開くときは一気に開きます。これを繰り返すことで目の周りの血行が良くなりますので一日に3〜5セット行うと良いです。

 

そして眼のエクササイズだけではなく、意識して心がける改善策もあります。それは、長時間スマートフォンを使用しないことです。

 

1時間ほど使用したら5分でいいので眼を休息させるなどして、小刻みに休憩をいれるだけでも眼の負担は大きく軽減されます。

 

また、長時間近くを見ていて分厚くなったままの状態の水晶体を薄くするために、遠くを見つめたり、意識して瞬きをして眼の筋肉を動かして眼の緊張を緩和する方法も大変効果的です。

 

近距離でスマートフォンを凝視することが最大の原因ですから、画面から距離をおいて見ることも眼にかかる負担の軽減になります。さらに、蒸しタオルなどで、目の周りに当てて温めるという方法も眼を休める手段として効果的です。

 

目の周りを温めることで、血液の循環が良くなり眠っている間に疲労物質を取り除かれやすくなります。ただ、眼を温める方法はやりすぎると逆に眼によくありませんので、1日に1回が理想的です。

 

このように、日々の生活の中で意識して対策をすることが大切で、普段から眼や体の健康に気をくばり、規則正しい生活を心がけることが眼の病気を防ぐために必要なことです。

関連ページ

自分でできるスマホ老眼の対策
今急増していると言われていて話題のスマホ老眼、この症状を自分で防ぐ方法はあるのか、そんなスマホ老眼の対策法についてわかりやすく解説しています。
スマホ老眼は眼科で治療する必要があるのか
スマホ老眼は、医師の診断や治療が無いとなかなか治りずらいものなの?最近急増していると言われているスマホ老眼は眼科で治療する必要があるのかなどについて解説しています。