スマホ老眼の対策と改善法

MENU

スマホ老眼は眼科で治療する必要があるのか

スマホ老眼は眼科で治療する必要があるのか

人は遠くを見る時にはあまりピントの調節を必要としません。その一方、近くを見る時にはピントを合わせて見る必要があります。そしてピントを合わせるためには、毛様体筋が水晶体の厚さを調節する必要があります。

 

しかし、筋肉は長い期間使っていると次第にその働きが落ちていきます。毛様体筋も例外ではなく、歳と共に筋力が低下、ピントの調節が上手にいかなくなってしまいます。そして毛様体筋の力の低下により、手元が見づらくなった状態が「老眼」なのです。

 

さて、本来老眼は年齢と共に毛様体筋の働きが低下して引き起こされるものです。しかし、スマートフォンが普及した現在、まだ筋力が低下していない若い人でも老眼を引き起こしてしまう方が増えています。

 

電子機器…特にスマートフォンの画面を見る時、人は長時間近くを見る為にピントを合わせます。またスマートフォン等の画面を見ているとき、人は画面を見ることに集中するのであまり瞬きをしなくなります。

 

そして長時間画面を見続けていると、その分目の筋肉を酷使します。筋肉を酷使すると、当然疲れやすくなってしまうため、筋力の低下が通常より早く進行、「スマホ老眼」が引き起こされるのです。

 

さて、この状態が進行すると、画面から目を離したとき、遠くにピントを合わせるまで時間がかかりやすくなってしまいます。これは筋力の低下によってピントを合わせる力が低下しているためです。また筋肉を長時間連続使用しているため、まぶたが痙攣を起こしたり、目の奥に痛みが生じるようになります。

 

そしてこの状態の怖い所は、体の他の部分にも影響を及ぼすことです。目の筋肉が疲れてくると、首や肩の筋肉にも負荷をかけてしまいます。すると首や肩の血流が悪化して痛みが生じたり、頭痛が起きたりしてしまいます。また、この状態を放っておくと倦怠感などにもつながる恐れがあります。

 

このようにもし少しでも違和感を感じたら、できるだけ早めに対策を行う必要があります。

 

スマホ老眼対策

 

具体的にはまず、目の筋肉をほぐしていく必要があります。もし「疲れてきたな…」と感じてきたら、温かく湿ったタオルを目の上にのせます。筋肉は温まると緊張がほぐれやすくなり、血管も拡張され、血流も通りやすくなります。すると筋肉の疲れもたまりづらくなります。また、筋肉をほぐすためには目の周りをマッサージすることも有効です。

 

また、老眼鏡を使うことで目の視点を合わせやすくするためのトレーニングを行うことも有効です。そして最も大切なことは、こまめに休憩を取ることです。

 

一度に長い時間筋肉を使い続けてしまうと、その分筋肉は疲れやすくなってしまいます。時々遠くを見る、まばたきをするなどしてこまめに休憩を取るように心掛けましょう。

 

さてこのように対策をとっていても、なかなか症状が改善されないことがあります。その場合にはしっかりと眼科に行くようにします。ただ、眼科では具体的にどのような治療が行われるのでしょうか。

 

スマホ老眼の眼科での治療

 

まず自宅で継続的に行うことができる治療としては、「目薬」が挙げられます。病院から処方される目薬の中には、筋肉の緊張をほぐす作用が含まれているものがあります。これを継続的に使用することで、目の緊張をほぐすことができます。

 

次に病院で行うことができる治療として、「老眼矯正手術」が挙げられます。手術の場合は費用がかかり、専門の医師がいる所でないと受けることができませんが、目薬でも十分な効果が発揮されなかった場合にはこの方法をとる必要もあります。

 

まず目の手術として有名な「レーシック」ですが、これは老眼そのものは治すことができません。ただし、近くに視点を合わせやすくするように治療を行うことはできます。具体的には、片目は遠くを、もう片方は近くを見やすくする「モノビジョンレーシック」や、片目に近くを見やすくするレンズを入れる「アキュフォーカス」などが挙げられます。

 

次に「伝導性角膜形成術」ですが、これは高周波エネルギーを角膜に当て、近くが見やすくなるように角膜を加工する手術です。ただし、この手術はまだ日本で認可されたばかりで保険が使えず、できる病院もまだまだ少ないという欠点があります。また、この手術を行う場合には45歳以上でないと受けられないなど、年齢的な制約もあるため注意が必要です。

 

このように現在スマホ老眼は眼科等で目薬を使用したり、手術を行うことにより治すことができます。しかし、いくら治療して症状が改善したからといって、完全に完治するわけではありません。症状が治まってもスマートフォン等の使い方が変わっていないと、再び目の筋肉にダメージが蓄積、また症状が悪化する恐れがあります。

 

そのため、スマホ老眼の治療・予防のためにはスマートフォン等との付き合い方をしっかりと考える必要があります。具体的にはこまめに休憩をとる、あまり至近距離で見ない、瞬きをこまめにするなどして、目に負荷をかけすぎないようにすることが大切です。

 

関連ページ

自分でできるスマホ老眼の対策
今急増していると言われていて話題のスマホ老眼、この症状を自分で防ぐ方法はあるのか、そんなスマホ老眼の対策法についてわかりやすく解説しています。
眼鏡や心がけによるスマホ老眼の対策と改善策
急に目が悪くなった、これはスマホの使いすぎによるスマホ老眼かも…この今悩む人急増中のスマホ老眼の対策や改善策についてわかりやすく解説しています。