スマホ老眼の対策と改善法

MENU

スマホ老眼の対策と改善法記事一覧

自分でできるスマホ老眼の対策

スマホ老眼の症状には、遠くは見えても近くの文字がぼやけてしまう、目の焦点が合いづらい、目の疲れ、目のかすみ、肩こり、頭痛などがあらわれます。これらの症状は、スマホを四六時中見ている人ほど顕著にあらわれます。パソコンに比べるとスマホのほうが目との距離が近くなってしまうことが大きな要因です。一般的な老眼に比べると症状は一時的なものですが、繰り返すうちに症状が重症化していくとリスクがあると言われています...

眼鏡や心がけによるスマホ老眼の対策と改善策

老眼の症状を自覚するのは45歳をピークといわれます。しかし、最近は20〜30代の若い人たちに、手元の文字が見づらい症状や、近くのものにピントが合わず視界がぼやける症状で眼科を受診する人が増加しています。これは、スマートフォンを長時間使用することで起こりうる症状で、スマホ老眼と呼ばれています。この眼の状態は、スマートフォンを長時間見続けることで水晶体を膨らませ続けるので眼が疲れます。また、近くにピン...

スマホ老眼は眼科で治療する必要があるのか

人は遠くを見る時にはあまりピントの調節を必要としません。その一方、近くを見る時にはピントを合わせて見る必要があります。そしてピントを合わせるためには、毛様体筋が水晶体の厚さを調節する必要があります。しかし、筋肉は長い期間使っていると次第にその働きが落ちていきます。毛様体筋も例外ではなく、歳と共に筋力が低下、ピントの調節が上手にいかなくなってしまいます。そして毛様体筋の力の低下により、手元が見づらく...